新車納車整備について 車検・整備について ドゥカティのタイミングベルトについて 工賃表
初回点検について 当店で取り扱う中古車について ダイナモマシンによるセッティングについて
新車納車整備について
新車納車整備について

此処では新車が輸入されて登録されるまで(新車開梱新規登録)の作業をご説明いたします。

輸入車の場合、このように木箱、または軽量鉄材ベースにダンボールの外枠などの梱包方法で運ばれてきます。
この状態から開梱して必要なパーツの取り付け及び整備をするわけです。

新車納車整備について

ドゥカティの場合は外箱を取り外すとこのような形で梱包されてきます。


新車納車整備について

この時点で付属パーツが全てあるか、車両に傷などがないか重点的にチェックします。

新車納車整備について

ここから新車整備に入ります。ミラーや各部分の付属パーツの取り付けをします。

油脂関係(エンジンオイルや冷却水、ブレーキフルードなど)は普通は入ってきますが特別オーダーや車種によっては入っていないものもありますので注意します。

新車納車整備について

バッテリーを取り付けます。
現在のMF(メンテナンスフリー)バッテリーは電解液が入ってきませんので注入後にフル充電して車両に取り付けます。

新車納車整備について

このとき当店ではターミナル部分の腐食防止と電気伝導性を上げる為に
必ずグリスを塗ります。
結構この作業は大切でセルモーターの回りが違ったりしますから。

新車納車整備について

完成車両ではありますが一度外装を取り外します。

新車納車整備について

ドゥカティの場合、タイミングベルトの調整もこのとき行ないます。
新車なのにと思われるかもしれませんが当店では必ず行ないます。
稀に緩めに張られていたりする車両もある(もちろん許容範囲ではありますが規定値で張られていればバルブタイミングも正確でエンジンの調子も良いのです)からです。

新車納車整備について

現在の規定値は幅があるのですが(言い換えればその範囲であれば問題はない)せっかくテスターをあてる訳ですからベストの数値に調整します。

新車納車整備について

車体周りのチェックです。

センターホイルナットなどは一度外してグリス潤滑後、規定トルクで締め上げます。
その他ブレーキマウントボルトやアクスルクランプボルトなど重要な部分をトルク管理しながらチェックします。

新車納車整備について

必要な各部分を脱脂します。

新車納車整備について

ブレーキローターなどは脱脂力の強いシンナーなどで。タイヤはゴム関係を痛めにくいアセトンなどを用います。

新車納車整備について

チェーンの張り、タイヤエア圧の調整。これも工場出荷状態を信用していない訳ではないのですが念には念を入れて確認します。

新車納車整備について

チェーンは新品ですので必ず最初に初期伸びしますがそれを見込んで新車はきつめに張るというのは間違いです。規定値で張って走行していただき、伸び分は初回点検で再調整します。

新車納車整備について

最後にガソリンを入れてエンジン始動。エンジンは常温+αまで温度を上げて各部チェック、排気ガスの計測、水冷であればファン回転の確認。

灯火類のチェック、メーターの設定、など。

その後、陸運局に車両を持ち込んで検査に合格すれば晴れてナンバーが交付されます。

初回点検について
初回点検について

新車購入後、一番最初に受けて頂く点検です。
1000kmというのは大体の目安で必ずしも1000kmでなければいけないということではありません。

初回点検について

工場で組み上げた状態から走行初期にパーツの馴染みや微小な寸法変化が生じます。
この段階でボルトやナットの緩みや脱落を防止し安定させる為に各部の増し締めと確認を行ないます。

初回点検について

このときオイルとフィルターも交換します。
エンジン内部も新品部品同士が動いて擦れ合ったり回転したりしています。

このような理由で新車走行後、1度目のオイル交換は早めに行ないます。
新車ですから少量のバリや金属粉は少なからず出ます。

初回点検について

ほぼ必ず調整するのはドライブチェーンです。

チェーンは初期伸びというものがあり、ドライブスプロケット・ドリブンスプロケットとの馴染みも含めて必ず緩みが出ます。

初期伸び後、一度調整すればそう頻繁に調整が必要という訳ではありません。

初回点検について

車種によっては診断機を接続してエラーチェックなどを行ないます。
現在のインジェクション化されたモーターサイクルはほぼ全てこの作業が入ります。

1000kmを超えるとメンテナンスを促すメンテナンスマークがメーターに表示されます。
それを消去するのも診断機が必要となるのが殆どです。

初回点検について

ドゥカティの場合はこのときタイミングベルトのチェックも行ないます。
一度、納車整備で基準値に調整していれば1000kmほどでは再調整の必要はほぼありません。

各メーカーともに初回点検は全て無料ですので(交換するオイルやフィルター分は実費です)必ず受けてください。

車検・整備について
車検・整備について

当店の車検整備についてご説明いたします。

まず車検を通す事と車検整備を行なうという事は同じではないということを認識しなくてはいけません。

例えば何も整備をしないでも陸運局の検査に合格してしまえば車検は取得できます。

ユーザー車検(オーナー様が直接、陸運局に出向いて検査をしてもらう)などによくある例です。

しかし車両の持ち主は道路運送車両法により24ヶ月点検や12ヶ月点検といった点検・整備が義務付けられています

まれに「ディーラーやショップの車検は高い」といった声を聞くことがありますがコレは車検を通す車検代行以外に「法定24ヶ月点検整備」をするからです。

車両オーナー本人が日常的に点検や整備を完全に行なえる事が出来るのであれば良いのですがそうもいかないと思います。

もちろん重要保安部品のブレーキや駆動系、操安関係は整備資格を持っている人間でないと分解整備できません。

しかしながら整備事業を行っている業者も個人で経営している小さなショップから大規模販売店と様々で技術差もあるのは事実です。

此処では当店の基本的な車検整備をご紹介したいと思います。

車検・整備について 車検・整備について

駆動系の要、チェーンですがチェーンは消耗品です。

単なる調整だけではなくチェーンとしての機能が果たせているかもチェックします。

部分的にキンク(ローラー部分に抵抗が出ている状態)や伸びきり状態ではスプロケット側の歯の部分も直ぐに磨耗してしまいますし、万が一、走行中に切れでもしたら大変です。切れたチェーンがドライブスプロケットとクランクケースの間に挟まってクランクケース破損といった例もあります。

そこまでではないにしても痛んだチェーンはかなりのフリクション(抵抗)がありますので燃費や出力に影響を与えてしまいます。

チェーン調整には適正な遊びが必要です。きつく張りすぎるとホイルダンパーやベアリングの損傷、またリヤがストロークした時の奥の動きを規制してしまい本来のスイングアームの動きを妨げてしまいます。

またチェーンにも色々な種類がございますので交換の際はご相談下さい。

車検・整備について 車検・整備について 車検・整備について

車検整備時にはオイル交換をお勧めいたします。

排出したオイルはエンジンコンディションを判断する材料です。

現在の車両はドレンボルトにマグネットが付いているのが殆どであり、異常に金属粉が多かったり、破損したパーツが付着している場合もあります。

当店では主にフランス製のMOTULを使用しております。

またエンジンには最適なオイルの粘度というものがあります。

まれにシングル・ツイン系のエンジンだからと非常に硬い粘度のオイルを入れている車両などが見受けられますが極端に硬いオイルはかえって金属同士の熱伝導を妨げてしまいエンジン熱がこもってしまう原因になります。

車両メーカーとオイルメーカーは協力しながら走行テストで粘度決定をしていますので適正な粘度、もしくは指定粘度に近い粘度のオイルを使用することをお勧めします。

ちなみにドゥカティの場合は水冷・空冷ともに10W-40が指定粘度です。

車検・整備について 車検・整備について

同じくエンジンコンディションを判断するのがスパークプラグです。

現在のインジェクション化されたモーターサイクルにおいて、しっかり調整されていればカブリ(混合気が濃くてくすぶる)のような状態の車両はまずありません。

しかし、公害対策規制が厳しくなるにつれてパワー追求の燃焼よりも希薄燃焼型の混合比設定になってきています。

言い換えれば混合気の薄い状態でエンジンは回されるわけで、燃焼は高温になりスパークプラグにとっては厳しいといえます。

消耗品であるプラグ交換の目安は本来、トラブル(かぶりや碍子内での断線)が無くても走行距離によって交換します。

車検・整備について

エアクリーナなど取り出しなどに手間を必要とするパーツももちろん車検時に確認、清掃します。

毎回必ず交換するようなパーツではないですが走行条件によって差が出ますので必要に応じて交換します。

車検・整備について 車検・整備について

特に大切なブレーキキャリパーのメンテナンスです。

モーターサイクルの場合はドロや埃にさらされる場所にむき出しで取り付いてありますからしっかりメンテナンスしないとトラブルの原因になります。このような汚れたままで新品パッドに交換してピストンを押し込んでしまうと、ピストンとピストンシールに汚れを噛みこんでしまいます。キャリパーシールにはロールバックという動きがあり、ブレーキレバーをリリース後に微小にピストンを戻してくれてパッドが引きずらないようになっています。

汚れたキャリパーピストンはブレーキ引きずり、無駄なパッドの磨耗、不自然なブレーキタッチ、最悪な場合はピストンが戻らず転倒などの原因になってしまいます。

車検・整備について 車検・整備について

当店では少し手間はかかりますが必ずピストンの揉み出し作業を致します。

パッドを外し、ピストンを押し出したら中性洗剤でピストンを一個づつ清掃、その後ピストンを回しながらシリコンラバーグリスで潤滑、再度押し込んで必要であればパッド交換をします。

それでも本来のブレーキタッチがでない場合はピストンシールやキャリパーピストン交換ということになりますが、ドゥカティによく使用されているブレンボ製キャリパーはアッセンブリー交換が基本となっております。

車検・整備について

その後キャリパーを取り付け、ブレーキフルードの交換。

ブレーキフルードも消耗油脂ですから必ず入れ替えます。排気量250cc以下は車検がありませんが本来定期的に必要なブレーキメインテナンス作業といえます。

車検・整備について

各部の増し締め、緩みチェックはもちろんですが必要な部分には特に入念に作業します。

ドゥカティなどのリヤホイルのセンターナットはテーパー部分、ネジ部分をグリス潤滑して規定トルク値で締め付けます。

グリス潤滑していないで締め付けている車両をたまに見かけます。そのような車両に限ってナットが外れないモノがありますがアレは「締め付けて」いるのではなく「抵抗で引っかかっている」状態で本来の「締め付け」ではありませんのでご注意を。

車検・整備について

ドゥカティの場合はタイミングベルト交換の作業が入る場合が殆どです。

タイミングベルト交換に関しては他記事で詳しく述べますが、メーカー指定交換時期が2年以内、もしくは2万キロ以内なので外装の脱着工賃分など2重工賃にならない車検時に交換することをお勧めします。

その他、テスターにて各パラメーター値やエラーのチェックをして排気ガスの計測をします。

この先、インジェクションはアナログインジェクションからCANを経由してコントロールするインジェクションに変わってきています。インジェクションスロットルもドライブ・バイ・ワイヤ方式を採用したものが多くなり以前のようにエアバイパスなど外側からCO値は変更できず全て専用テスターを接続しての調整となりますので正規ディーラー以外での整備は難しくなっていくのではないでしょうか。

当店で取り扱う中古車について

当店で取り扱う中古車について

ドゥカティのタイミングベルトについて

■お問い合わせの多い
   ドゥカティのタイミングベルト交換について

ドゥカティはエンジンのカムシャフト駆動に他社では使用していないタイミングベルトを使用しています。

これは通常のバルブスプリングを持たないデスモドローミック機構だからこそ可能な構造でカム駆動において大幅なフリクション低減を実現しています。

このベルトも当然消耗品でメーカーでは2年もしくは2万キロとなっております。

ただしお客様の走行は様々ですから次の車検を迎える2年間でも数千キロしか走行しなかった場合などもあります。

ドゥカティのタイミングベルトについて
ドゥカティのタイミングベルトについて

当店では、こういった場合、お客様と使用状況などを相談させて頂いて交換の判断をさせて頂いております。走行距離が少なくてもサーキット走行会や高速ツーリングが多い方の場合は交換させていただきますし、もちろんあまり高回転は使用せず走る方でも4年も6年も無交換では危険です。

ドゥカティの場合、もしタイミングベルトが切れればほぼ間違いなくバルブとピストン干渉は避けれません。こうなると修理にはかなりの費用が掛かりますのでご注意下さい。

もちろん当店ではドゥカティ正規ディーラーとして全てのタイプのタイミングベルトを在庫しております。

ドゥカティのタイミングベルトについて ドゥカティのタイミングベルトについて

此処ではモンスターS4RSのテスタストレッタエンジンのタイミングベルト交換をご紹介したいと思います。

年代により空冷、水冷、4バルブや2バルブなどドゥカティのエンジンバリエーションも様々ですがタイミングベルトの交換方法も少々変わってきています。

今まではVバンク間にあるタイミングプーリーの合いマーク、ヘッド側にあるタイミングプーリーの合いマークを全て合わせて張り調整するものでしたがテスタエンジン以降は合いマークはありません。

まず専用のクランクシャフトロックツールでクランクをロックして固定します。

この時点で前側バンクのシリンダーは圧縮上死点となります。

ドゥカティのタイミングベルトについて ドゥカティのタイミングベルトについて

ヘッド側にも専用のロックツールを取り付けます。

このツールは今までのようにプーリーをロックするものではなくカムシャフト側にある溝に嵌まり込んでカムシャフトをロックするようになっています。

この時点でロックツールの隙間から見えるボルトを緩めるとプーリーは数十度の範囲でスライドして動く構造になってます。

この少し動くプーリーにベルトを掛けてテンション(張り)を調整します。

ドゥカティのタイミングベルトについて ドゥカティのタイミングベルトについて

重要な張りの調整です。

ベルト交換を自分で出来るという方で多いのが自動車のオルタネータやウォーターポンプのベルトを張る感じで張ってしまうこと。

高回転のモーターサイクルエンジンのタイミングベルトは張りすぎにはシビアで、エンジン温度が上がればシリンダー間では寸法変化が起こり
更にきつい張りになり、しまいには破断してしまうという事が起こります。

もちろん緩くても正確なバルブタイミングが出ず、出力の低下、更に緩んだベルトがバタつきプーリーを攻撃して最終的には同じく破断してしまうといった例も実際にあった話です。

ドゥカティもタイミングベルトが採用された当時はテンションローラーをバネばかりで引っ張るといったかなりアナログな調整方法でした。

現在は共振周波数を計測して調整するという方法に変更、かなり正確な数値を維持できるようになっています。

ドゥカティのタイミングベルトについて

周波数で張りを調整しながらヘッド側のタイミングプーリーとカムシャフトの締結ボルトを規定トルクで締め付けます。

これで正確な張りの調整に加え、バルブタイミングも調整されたことになります。

今までの固定プーリーですとどうしてもシリンダーやヘッドの寸法公差、ベルトの寸法公差が出てしまい、個体差によるバルブタイミングの違いというものが発生していました。(通常走行ではほぼ気になるような出力変化ではありませんが)

もちろんベルト調整時はテンションローラーのベアリングの状態なども確認いたします。

不具合があれば交換しますがしっかり調整されている車両なら殆ど交換することはありません。

当店では過去20年弱の整備期間において数百台のベルト交換をしてきましたがベルト破断などのトラブルは今のところ1台もありません。

ドゥカティのタイミングベルトについて

最後にベルトカバーを取り付け、外装関係のパーツを取り付け終了です。

ベルトカバーは必ず付けましょう。走行中は飛び石や何が舞い込んでくるか分かりませんから。

整備中にカバーを外してエンジンを掛ける時も注意が必要です。過去にウエスを巻き込ませてしまってヘッドオーバーホール・・・

なんて話も聞いた事があります。

ダイナモマシンによるセッティングについて

ダイナモマシンによるセッティングについて

工賃表 工賃表

その1

2008年式モンスターS2R
走行距離 7,720km
この車両は前回の車検時にタイミングベルト交換後
走行が2年で約2,000kmしか走行しなかったためベルト交換無しで車検を行いました。

ドゥカティ空冷2バルブ

基本24ヵ月車検点検整備

\29,400(税込み)

車検代行手数料

\15,750(税込み)

車検諸費用(自賠責・重量税・検査印紙)

\19,510

オイル&フィルター交換

\14,469(税込み)

合計

\79,129(税込み)


もし上記にタイミングベルト交換を行う場合


1000空冷タイミングベルト × 2本

\19,592

タイミングベルト交換工賃(車検時)

\8,400

合計

\27,992

がプラスになります。

その2

2002年式 モンスターS4
走行距離 17,800km
常に長距離ツーリングで使用するため安心して走りたいとの事でベルト交換・オイル交換など行いました。

ドゥカティ水冷4バルブモンスター

24ヵ月車検点検整備

\33,600(税込み)

車検代行手数料

\15,750(税込み)

車検諸費用(自賠責・重量税・検査印紙)

\19,510

タイミングベルト 水冷テスタバッサ × 2本

\19,592(税込み)

水冷タイミングベルト交換(車検時)

\10,080

オイル&フィルター交換

\14,826(税込み)

リヤブレーキパッド交換

\5,701(税込み)

合計

\119,059

その3

MVアグスタ F4・1000
走行距離 12,850km

※オイルや消耗品交換はオーナー様がご自分で行っている車両

アグスタ4気筒

24ヵ月車検整備

\37,800(税込み)

車検代行手数料

\15,750(税込み)

車検諸費用(自賠責・重量税・検査印紙)

\19,510

合計

\73,060

その4

ドゥカティ999R
走行距離 14,220km
年に数回、サーキット走行なども行うオーナー

水冷4Vスーパーバイク系

24ヵ月車検点検整備

\37,800(税込み)

車検代行手数料

\15,750(税込み)

車検諸費用(自賠責・重量税・検査印紙)

\19,510

タイミングベルト(テスタストレッタ)× 2本

\25,452(税込み)

タイミングベルト交換(車検時)

\12,600(税込み)

オイル&フィルター交換

\15,183(税込み)

リヤブレーキスイッチ

\3,412(税込み)

リヤブレーキスイッチ交換工賃

\1,680(税込み)

ナンバー球

\378(税込み)

合計

\131,765